読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今鹿のナギ

電車モデルは本物の電車を建設するときのCMデリカシーとして19世紀初頭の英で開発されたのが誕生だといわれています。後日1853年、ロシアのプチャーチン来航時や、1854年ペリー来航場合、役人の正面でモデルスチーム機構車種のドライブを実演したのが津々浦々における電車モデルのオープニングと思われます。

http://traids.net/
1891年、ドイツのメルクリンオフィスが、それまでばらばらであった車輪レンジについて一番ゲージや後ゲージなどの同等的規格を形成し、1922年に英のビングオフィスがそれまで主流であったOゲージの半ばのがたいですOOゲージを作り。後に、こういうゲージはHOゲージと改称され現在でも海外においては流れゲージとして存在していることになります。日本では、50mmゲージや35mmゲージが開発されていたとのことです。1965年、関水メタル(KATO)にてプラスティック製車輌や線路が発売され日本製のNゲージが、領土面積のちっちゃな日本においても省空間で電車モデルを楽しむことができるスタンダードとして相場に運搬することとなったのです。